ワールドビジネスサテライト,12/2,特集,人工知能最前線"ディープラーニング"がつくる未来:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/2,特集,人工知能最前線"ディープラーニング"がつくる未来

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/2,特集,人工知能最前線"ディープラーニング"がつくる未来

ウサギの絵を描く相内キャスター
出来上がったモノをカメラで撮影

それをこちらの機械に認識させると
ウサギ 92.74%
キツネ 7.25%
イヌ 0.01%
ネコ 0%
カニ 0%

機械が初めて見た絵を90%以上ウサギだと判断した

これは人工知能技術
ディープラーニングを使ったプログラム

キツネ・カニ・イヌ・ネコ・ウサギの5つの絵を判別できるという

そこで
ちょっと意地悪な相内キャスター

相内キャスター
「キツネか犬か難しいところを狙って描きました」

キツネ 82.55%
との答え

「これを犬と認識させることはできる?」

NEC クラウドプラットフォーム事務局 神南吉宏マネージャー
「キツネじゃなくイヌと追加で教える事によって」
「これをイヌと判断するように賢くなる」

さっそく
この絵はイヌだと教えてみると

キツネ 94.98%
に変わった

相内キャスター
「犬だと再学習させたのに」
「どうして100%にならない」

NEC クラウドプラットフォーム事務局 神南吉宏マネージャー
「どちらともとれる絵は1回学習させても」
「ある程度キツネの要素があると判断」

Q.考えているということ

「考えているのに近い事をしている」

この機械はどうやって絵を判別するのか
基になったのはいろいろな人に描いてもらった動物の絵40枚ずつ

それを
カメラで撮影し1枚ずつこれはイヌこれはウサギとクリックしていく

小さい子供に教えていくような感覚だ
その後機械が40枚の絵に共通する特徴を自ら探し出し

それぞれの動物のイメージをつかむ

例えば
ウサギは耳が長い
キツネは耳がとがっている

という具合

これがディープラーニングの技術なのだ

従来の方法では高精度な判別をする場合
耳が長いなどのウサギの特徴を人間が1つ1つプログラミングをする必要があった

Q.ウサギ1枚の絵にどれくらい必要だった

「長いと数カ月かけてソフトウェアをつくる」

しかし

ディープラーニング技術
40枚の絵を認識→2時間

処理速度を大幅に向上させる事ができる

Q.どういう所に応用される?

「工場の検品などの生産の効率化」
「画像を使って自動的にいろいろな問題 不具合を発見する」

このディープラーニングを使って
立体のモノを判別させようとしているのがベンチャー企業

東京・渋谷区
リープマインド

社長の松田さんが撮影していたのはテニスボールだ
これをディープラーニングのシステムにかけると

ぼやけている=認識していない

まず
ボールという概念を覚えさせるために
今回は様々なボールの画像をネット上で集め

これをボールだよと認識させた

その後
丸一日かけて

ディープラーニング
大量の画像→特徴を見つける→ボールのイメージを掴む

翌日

再び判別させると
ぼやけていない画像に

しかし

ボール 20%
カレー 20%
ラーメン20%
スープ 20%

と出た

これは
カレーやラーメンの丸い器と区別がついていないためだという

リープマインド 松田聡一 社長
「概念を初めて与えて」
「ボールというモノがあるんだという感じ」

そこで今度は
テニスボールだけの画像を集め機械に認識させる

すると
5時間後

ボール 100%
カレー 0%
ラーメン0%
スープ 0%

では
丸いリンゴやレモンはどう判別するか試してみると

「同じモノとして認識していますね」
「テニスボールもリンゴも」

再び同じようにリンゴとレモンの画像を集めて認識させて
5時間後

リンゴ
リンゴ 91.6%

レモン
レモン 100%

という
結果になった

確かに機械が人間のように学習しているかのようだ

リープマインドは将来的に身の回りにあるモノを学習させ
日常生活に活用できないか研究中だ

「リンゴを買ってきてと言うと」
「買ってくるロボットとか」
「スマート家電の目の部分を我々のシステムで出していきたい」

この日
松田社長が訪れたのは

東京・大田区
富士通

富士通xリープマインド
食卓の写真を送り
食材を判別するシステムを研究中

富士通 元榮維久麿さん
「食卓の情報があるとその人の健康・未病という観点で」
「こういう食卓ならこれを足せばバランスよいよなど」
「そういうアドバイスができる」

人工知能ディープラーニングは我々の生活をどう変えるのか
その可能性に大きな期待が集まっている

*アップル・グーグル・IBMとか進んでそう
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
アマゾンで見る
楽天で検索
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。