ワールドビジネスサテライト,12/4,東芝・富士通 パソコン事業統合検討:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/4,東芝・富士通 パソコン事業統合検討

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/4,東芝・富士通 パソコン事業統合検討

突然降ってわいたパソコン事業の再編報道

東芝と富士通公式コメント
”さまざまな可能性に向けて検討”

かつて

東芝
世界初のノートパソコンを発売

発売以来ダイナブックを中心にシェアを伸ばし
世界のトップを走り続けました

しかし

今年4月

西田氏ら歴代の社長の指示の元
パソコン事業で過去に578億円の利益のかさ上げしてきたことが明らかになりました

そして

2016年3月期中間決算(東芝)
営業損益 905億円の赤字
ライフスタイル事業 425億円の赤字

この不正会計問題で収益悪化が浮き彫りになった東芝は
大規模なリストラをしなければならない状況に追い込まれました

専門家はパソコン事業の収益悪化を招いた原因について
こう分析します

サークルクロスコーポレーション 主席アナリスト 若林秀樹 氏
「会社が本来すべきだったことはタブレットなど新製品をつくること」
「単なる目先の利益を追いかけてしまった」
「ツケがここまで来たと思う」

しかし

不正会計が明らかになった今が
構造改革に取り組む最後のチャンスだと言います

「不正会計問題が表に出てこなかったら」
「パソコン事業をやめようと思っても」
「社内の抵抗勢力があって踏ん切りがつかなかった」
「(富士通と)一緒になって生き残る生き残る余地はまだあると思う」

統合が実現すれば

東芝と富士通のシェア
国内 30%超 トップ
世界 4%

世界的に競争が厳しい中
国内大手連合での生き残りを目指します

*ダイナブックで一番高めのやつ
東芝 dynabook AZ87/TG 東芝Webオリジナルモデル
アマゾンで見る
楽天で検索
東芝 dynabook AZ87/TG 東芝Webオリジナルモデル (Windows 10 Home/Officeなし/17.3型/AMD Radeon R9 M365X/core i7/サテンゴールド) PAZ87TG-BNA


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。