ワールドビジネスサテライト,1/4,ロングセラー研究所,CASE-22,ヤクルト:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/4,ロングセラー研究所,CASE-22,ヤクルト

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/4,ロングセラー研究所,CASE-22,ヤクルト

世界で年間約116億本を売り上げるヤクルト
ロングセラーの秘密とは

今から81年前

ヤクルト創始者 代田稔 博士

のある発見から
ヤクルトは生まれた

いったいどんなモノなのか

東京・国立市
ヤクルト中央研究所

を訪ねた

Q.代田博士が発見した物とは

ヤクルト中央研究所 加藤康介さん
「それは乳酸菌シロタ株です」
「腸の中で悪い菌を叩く」

乳酸菌シロタ株
食中毒を引き起こす大腸菌を死滅させる

当時衛生状態が悪く
コレラなどの感染症で亡くなる人が多かった

そこで
この乳酸機を使い健康な人を増やしたいと作られたのが
ヤクルトだった

飲みやすいよう糖や脱脂粉乳を加えた

1935年 ヤクルト発売

だが
売り上げは伸び悩んだ

ヤクルト本社 食品事業部
「菌を飲んで健康に役立てるという」
「価値観 発想がない時代」

菌といえばむしろばい菌を連想する時代
抵抗は予想以上に大きいモノだった

そこで思いついたのが
女性が1軒1軒訪ねて説明する方法

これが当たった

1963年 ヤクルトレディ誕生

当時珍しい訪問販売で
売り上げは一気に伸びた

分析1
ヤクルトレディの訪問販売

がロングセラーの切欠だった
さらに秘密は他にも

「1960~68年は」
「ガラス瓶で販売していた」
「ガラス瓶だと重いので作業軽減のためプラスチック容器を導入」

1968年
プラスチックの容器導入

「回収の手間がないため」
「新規の客の開拓に時間を使えた」

時代は高度成長期
プラスチック容器に変えたことで販売本数は毎年2割増えた

分析2
プラスチック容器の導入で新たな顧客獲得

しかし
1971年をピークに国内の売り上げが減少
代わりに力を入れたのが海外市場だった

1964年
台湾ヤクルト営業開始

今や32の国や地域で販売を拡大している

原動力となったのはやはりヤクルトレディだった

インドネシア・ジャカルタ

日本と同じように乳酸菌の働きを一軒一軒
丁寧に説明していく

日本で培った販売方法が
世界的なロングセラー商品を生んだ

「日本も現在(ヤクルトレディ)の数をもう少し増やしたい」
「中国 インドネシアいろいろな国々で事業を手掛けている」
「グループにとってヤクルトレディは宝」
「これからも大切にしていく」

*こんなの出てるんだ
ヤクルト 冷蔵 10パック ゴールド 65mlX4P
アマゾンで見る
ヤクルト 冷蔵 10パック ゴールド 65mlX4P


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。