ワールドビジネスサテライト,1/11,「黄金の毛沢東像」撤去のワケ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/11,「黄金の毛沢東像」撤去のワケ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/11,「黄金の毛沢東像」撤去のワケ

黄金の毛沢東像があるという

中国・河南省
通許という村

霧の発生に大気汚染が重なり
真っ白に覆われているせいか

37mもある像がなかなか見つかりません

そして
なぜか場所を言いたがらない村民たち

こちらの男性が
ようやく場所を教えてくれました

場所が分かり走り出すとなぜか交通規制が
迂回すると

取材班
当局の待ち伏せを受け3時間拘束されることに

実はそのころ毛沢東像に関する新たな情報が

取材班が拘束中に

人民日報系サイト
”政府が巨大像を壊した”

と報じたのです

微妙な時期だったことから
海外メディアが現場に近づかないように規制していたのです

中国の建国の父 毛沢東ですが
大躍進政策などで失敗

当時
何千万人もの死者を出したと言われています

中国・共産党にとって扱いが難しい存在でしたが

習近平国家主席
以前から毛沢東回帰路線を明確にしてきました

東京福祉大学 国際交流センター長 遠藤誉 特任教授
「(習近平国家主席は)毛沢東がやった整風運動」
「党の規律を守る運動の真似をした」
「正当性を人民に対して毛沢東の威を借りて見せつけた」

中国では経済格差の広がりから

貧しくとも平等だったと懐かしむ一部の市民の間で
毛沢東氏の人気は高くなっていて

習政権はこの毛沢東人気を利用しているのです

では
何故今回突然取り壊したのでしょうか

「巨大な毛沢東像をあがめる形で建てますと」
「習近平国家主席の存在感を脅かす」
「あの頃はよかったは今は良くないの裏返し」
「その程度まで行きそうになると抑える」
「微妙なコントロールを中国政府がやっている」




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。