ワールドビジネスサテライト,3/7,ロングセラー研究所,CASE-26,コイケヤポテトチップス:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/7,ロングセラー研究所,CASE-26,コイケヤポテトチップス

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/7,ロングセラー研究所,CASE-26,コイケヤポテトチップス

埼玉・加須市
湖池屋関東工場

契約農家から届く国産ジャガイモは
毎日160t

高速スライサーで薄切りされたジャガイモを
180℃の油で2分間揚げて

その後味付け
ポテトチップスの出来上がりだ

湖池屋 関東工場 永尾昌輝 工場長
「のり塩でうちの会社は成り立っている」
「一番のロングセラー」
「先代の社長は天才だった」

日本初量産ポテトチップス
塩味ではなくのり塩だった

1962年
高度成長期
東京の人口1000万人突破

湖池屋
おつまみ菓子を製造販売

湖池屋の創業者 小池和夫は
たまたま行った飲み屋でアメリカ生まれのポテトチップスに出会う

当時ポテトチップスは
一部で手作りされていた珍しいモノ

見よう見まねで作り始めた

食卓にある砂糖や塩などの調味料を使い
日本で流行らせる味を模索するが

難航

工場の片隅にはポテトチップスの山ができた

そんな中 小池はついにある黄金の組わせを発見

それが
塩と青のりだった

1962年
ポテトチップスのり付き塩味 誕生

当時は
一斗缶で販売 煎餅屋で量り売り

1967年
日本初の量産化に成功

湖池屋の売り上げ
15年は量産化開始時の約140倍に

販売の累計は約51億袋

分析1
アメリカ生まれのスナックに
日本人好み味付けで新市場開拓

だが
ロングセラーの秘密はこれだけではない

月に2~3回ある会議が開かれる
のり塩などの味について議論

のり塩などの味付け
調味料の配合や粒子の大きさを変え
味を調整し続けている

湖池屋 商品開発部 白井秀隆 部長
「(のり塩味を)一昨年の11月頃に変更した」
「味が濃いというトレンドもあるので」
「より塩立ちをよくさせた」

分析2
時代に合わせて調味料を調整
常に受け入れられる味に

派生商品を含めると
湖池屋のポテトチップスはなんと42種類

みかん味やイチゴのショートケーキ味など
変わり種も

こうした飽くなきチャレンジ精神こそ
湖池屋の強みだと社長は言う

湖池屋 田子忠 社長
「人と違うモノをやろうと」
「ユニークで楽しくてバカまじめで」
「湖池屋らしさそこがポイント」

*あなたはロングセラーそれとも・・・
湖池屋 ポテトチップス
のり塩 60g×12袋
湖池屋 ポテトチップス
苺のショートケーキ味 60g×12袋
アマゾンで見る アマゾンで見る
湖池屋 ポテトチップス のり塩 60g×12袋湖池屋 ポテトチップス 苺のショートケーキ味 60g×12袋


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。