ワールドビジネスサテライト,3/9,医療機器子会社 東芝、キヤノンに売却へ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/9,医療機器子会社 東芝、キヤノンに売却へ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/9,医療機器子会社 東芝、キヤノンに売却へ

東芝 室町正志 社長
「唯一といっていいほどの資産価値」
「企業価値を高く評価してくれる会社と」
「早く契約を結びたい」

東芝 2015年度決算
最終赤字 7100億円(見込み)

不正会計によって露呈した
財務状況の悪化は待ったなしの状態

このため東芝はグループの虎の子
東芝メディカルシステムズの売却方針を表明していました

そして今日
”キヤノンに対し、(中略)独占交渉権を付与する”

東芝
東芝メディカルシステムズを
キヤノン売却する方針を決定

キヤノン
提示した買収額7000億円規模とみられ

東芝メディカルシステムズ2014年度決算
営業利益 260億円(連結)

割高な買収との声も

ある関係者は
キヤノンの買収意欲に対して

関係者
”キヤノンの御手洗会長は本気だから”
”「金はいくらでも出す」と言っていますよ”

実は

最終入札
キヤノンのほか 富士フィルム
コニカミノルタ・投資ファンド 連合の3陣営

争奪戦は過熱し
買収価格に高値がついたのです

各社とも
カメラ市場が縮小する中
次の成長分野を医療機器分野と位置付けていて

東芝の医療事業を
のどから手が出るほど欲していたのです

直前まで交渉を有利に進めていたのは
富士フィルムでした

しかし東芝に対し
買収に伴う複数の条件を提示したとみられ

手元資金が豊富な
キヤノンに形勢を逆転されたのです

そのキヤノンが手がけるのは
目の検査に使う機器やX線検査に使う機械が柱で
医療事業はさほど大きくありません

キヤノンは東芝メディカルの買収で
事業拡大を狙います

大手企業による争奪戦の末
破格の高値で買収が決まった

東芝メディカルシステムズ
CT(コンピューター断層撮影)装置など
大型の医療機器が主力

アクイリオン・ワン(最上位機種)
2億円(売価)

従来のCT装置は患者の周りを何回も
回転していたのに対し

この装置は1回転
わずか0.3秒で撮影が終わります

東芝メディカルシステムズ 杉原直樹さん
「1回転で16センチ撮影できる」
「脳とか心臓をわずか1回転で撮る事ができる」
「撮影時間の短縮と被ばくの低減の役に立つ」

東芝メディカル アクイリオン・ワン
患者が浴びる放射線の量を従来の1/4に低減

東芝
1978年に日本で初めて全身用のCT装置を開発

画像解析やデータ処理の能力に磨きをかけ
性能を高めてきました

現在CT市場の世界シェアは2位

英GEヘルスケアや独シーメンスなど
欧米勢とトップの座を争っています

広島大学 大学院 粟井和夫 教授
「CTでは世界を引っ張っている」
「非常に評価が高い」

東芝本体から切り離され今後
どのように成長戦略を描いていくのか

Q.先々に望んでいる条件は

東芝メディカルシステムズ 瀧口登志夫 社長
「医療現場との関係は事業の根本的なポイント」
「価値観を共通化できれば思いが共通化できる」
「それを(買収先と)望みたい」
「医療はどんどん進歩している」
「それを我々の技術でどう支えていくか」
「新しい株主とシナジー(相乗効果)を」
「出しながらやれればそれに越したことはない」

*医療とかAI系ですかねぇ
10年後、生き残る理系の条件
アマゾンで見る
楽天で検索
10年後、生き残る理系の条件


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。