ワールドビジネスサテライト,5/11,ロングセラー研究所,CASE-31,のりたま:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/11,ロングセラー研究所,CASE-31,のりたま

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/11,ロングセラー研究所,CASE-31,のりたま

発売から56年
年間6億食以上売り上げる国民的ふりかけ

丸美屋 ふりかけ のりたま 大袋62g
アマゾンで見る
楽天で検索
丸美屋 ふりかけ のりたま 大袋62g
の秘密に迫る

埼玉・日高市
丸美屋食品工業・埼玉工場

のりは国産のモノを使用
それを機械であぶって細かくカットする

こちらは卵を乾燥させたモノ
これにサバ節やゴマなどを混ぜると

のりたまの完成

1951年(昭和26年)
丸美屋食品工場設立

当時の商品 是はうまい
魚粉を使った高級ふりかけ
百貨店などで販売

そこで
創業者の阿部社長は庶民に支持される
身近なふりかけを開発するよう指示した

そして

丸美屋 マーケティング部 杉山典由さん
「卵とのりは当時日本の旅館で朝食に出る」
「非常に高価なモノだった
「卵とのりを使ったふりかけを作った」

1960年 のりたま発売

しかし
20グラム 30円
一般的なふりかけの2倍の値段

ところが

「発売当初から毎年 倍々で売り上げが伸びた」
「当時はタンパク源 栄養が不足していた時代」
「子供向けにご飯をたくさん食べてもらいたいという思い」

分析1
高級品だったのりと卵を手軽に食べられる
コンセプトが支持された

1964年
人気アニメ8マンシールのおまけ
→売り上げが倍増した

ところが
これをピークにのりたまの売り上げが停滞してしまったのだ

「新商品が育たず売り上げが一時停滞していた時期がった」
「停滞を突き破るための新製品」

丸美屋はある小学生のアイデアに飛びついた
それが

1968年 卓上型の
丸美屋 3色パック56g×10個
アマゾンで見る
楽天で検索
丸美屋 3色パック56g×10個
を発売

のりたまだけでなくたらこ・ごましお
3つの味が楽しめるというもの

これが大ヒットしたのだ

分析2
低迷期から救ったのは3色パック

そして

のりたま
試作を繰り返し 味と中身を数年おきに帰る

現在の商品も
卵の小さな粒 大きなそぼろをミックス
→見た目と食感を向上

さらに

大人向けのふりかけセット
→ミドル・シニア層の開拓を進める

「次の世代へつなげていくような」
「いつも家族の中心にいるような」
「鮮度感をもったマーケティング販売活動をしていく」

のりたまの進化は続く


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。