ワールドビジネスサテライト,6/2,イギリスEU離脱問題の行方:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/2,イギリスEU離脱問題の行方

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/2,イギリスEU離脱問題の行方

ECB ドラギ総裁
「イギリスはEUにいるべき」
「EUにとってもイギリスにとっても」
「イギリスが離脱しない方が得策だ」

実はいまイギリスではこんなアニメが注目されています

イギリスがEUを離脱してしまうと経済が弱ったり
ドイツなどほかの国に食い物にされてしまうと皮肉っているのです

イギリスでは23日の国民投票に向け
残留派と離脱派が激しいキャンペーン合戦を繰り広げています

残留派の旗振り役は

キャメロン首相
「離脱して誰が喜ぶだろう」
「喜ぶのは(ロシアの)プーチンや」
「(イスラム国の)バグダディだろう」

アメリカなど世界の民主国家は離脱を歓迎していないと訴えます

「離脱すればロンドンだけでなくイギリス中の」
「金融関連サービスの仕事が失われる」

一方
離脱派はバスを使ってイギリスを行脚する作戦に出ています
中心となっている国民に人気の高い

ジョンソン 前ロンドン市長
「離脱に投票することで民主主義と経済と」
「この国の主導権を取り戻し」
「今まで以上に飛躍できる」

EU離脱問題はGreat Britain と Exit を
掛け合わせてBrexitと呼ばれています

Brexitの大きなきっかけとなったのは難民問題

イギリス
移民や難民により税負担の増加や
仕事が奪われているとの不満

一方
ヒートアップしているのはキャンペーンだけではありません

今回の国民投票
賭けの対象となっています

気になるオッズは
残留 1.29 離脱 3.75

残留に賭けている人が圧倒的に多い状況です

ほぼ50:50で接戦となっている
世論調査とは大きく異なります

ブックメーカー ウィリアムヒル ルパートアダムズ氏
「完全ではないが過去の実績をみると」
「世論調査よりもオッズの方が正確だ」

イギリスに進出している日本企業

日立製作所
イギリスの高速鉄道車両を製造
イギリスに車両工場も所有

三井不動産
ロンドンでマンションや商業施設など
総事業費1500億円規模の開発進める

*いよいよか


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。