ワールドビジネスサテライト,7/12,南シナ海めぐり初の司法判断:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/12,南シナ海めぐり初の司法判断

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/12,南シナ海めぐり初の司法判断

オランダ・ハーグ
仲裁裁判所

ここは
国際的な対立を仲裁する

日本時間きょう夕方
世界が注目するある問題について判決が出た

問題の部隊は中国やフィリピンに囲まれた
南シナ海だ

中国
南シナ海に独自の境界線
ほぼ全域に主権や権益を主張

フィリピンの排他的経済水域に建造物
実効支配を進めてきたのだ

危機感を高めた

フィリピン
2013年 仲裁裁判所に申し立て

そして

仲裁裁判所の判決
中国の主張は法的に根拠がない

さっそく中国政府は強く反発

中国
中国の主権と海洋権益は仲裁判断の影響を受けない
と判断を受け入れない方針を表明した

実は
日本や世界各国の経済活動を左右する南シナ海問題

フィリピン側は

フィリピン ヤサイ外相
「フィリピンは今日の判決を歓迎する」
「判決を受けて関係国が冷静に抑制した行動をとる事を求める」

また

岸田外務大臣
”当事国は今回の仲裁判断に従う必要がある”

中国の判決の受け入れを迫った

実は
日本やアメリカはこれまでアセアン・東南アジア諸国連合の各国に対し
この問題に連携て対応する中国包囲網の構築を促してきた

外務省幹部
”今日の判決で中国の主張を表立って”
”支持できる国は少なくなるだろう”

しかし

ASEAN
判決に対する共同声明は出さず

経済的な関係から
中国に配慮する国もあるためだ

懸念材料は他にも
先月就任したばかりのフィリピンのドゥテルテ新大統領

中国との裁判を起こしたアキノ前大統領と違って
親中派とも言われている

実は

中国
フィリピンの鉄道建設の支援を打診
→ドゥテルテ大統領は受け入れる方向

仲裁裁判で主張が認められたフィリピン

ただ
そのフィリピン自身が中国にしたたかに歩み寄りつつある

*アメリカが招いてるような気がする
南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望
アマゾンで見る
楽天で検索
南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫)




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。