ワールドビジネスサテライト,10/12,業界3位転落ローソンの課題:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/12,業界3位転落ローソンの課題

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/12,業界3位転落ローソンの課題

唇を固く結んで会場入りするローソンの玉塚会長

ローソン 16年3-8月期 連結決算
営業利益399億円(前年同期比5%減)
→10年ぶりの減益

ローソン 玉塚元一 会長
「ポイントは9月以降の下期」
「通期では増益を達成する計画」
「手ごたえも9月以降あるので」
「ある意味計画内のイメージ」

と強気の玉塚会長

しかし
2015年11月から今年の9月までの11ヵ月間

ローソン既存店の売上高の伸び率はセブンイレブンとファミリーマートを
一貫して下回り続けているのです

原因は何なのか街の人に聞いてみると

Q.ローソンの弁当のイメージ

男性1
「可もなく不可もなく」

男性2
「ローソンよく行くけど」
「セブンイレブンの弁当の方がおいしい」

男性3
「ローソンはセブンの二番煎じ」

弁当やパンなどの主力商品の
弱さを指摘する声が多く聞かれました

一方
ローソンのフランチャイズオーナーも同じ課題に直面しています

横浜市・中区
ローソン横浜相生町三丁目店

昼のピークに向けて品出しをするのは
前田さんです

17年前にフランチャイズオーナーになり
現在20店舗を展開

ローソン フランチャイズオーナー 前田明さん
「私がやっているのはナチュラルローソンが3店舗」
「ローソンが17店舗」

昼のピークは1時間で
200人が訪れるというこちらの店ですが

1店舗1日当たりの売上高
ローソン 約54万円
セブンイレブン 約66万円

と10万円以上の差があります

「弁当が弱いと思う」
「弁当がないと客が入ってこない」
「まずは弁当に力を入れてほしい」

さらに
主婦や単身者に向けて惣菜の強化も必要だと言います

「スーパ―の代替商品(惣菜・冷凍食品)夕夜間の売り上げが弱いと思う」
「そこ(惣菜・冷凍食品)を強化することで日販10万円の差が埋まると思う」

ナチュラルローソン(2013年)目標5年で3000店
→138店

ローソンストア100(2010年)目標3000店
→799店舗

ローソンマート(2014年)目標500店舗
→撤退決定

もともとはセブンイレブンやファミリーマートと
差別化を図るための取り組みでしたが現状は厳しい状況が続いています

手を差し伸べたのが
2016年9月 三菱商事出資比率50%超へと発表

三菱商事が狙っているのは
コンビニの原点ともいえる弁当や総菜のテコ入れ

例えば
三菱食品や出資関係にある伊藤ハムといったところから食材をより良い条件で
もっと調達できるようになるんじゃないか

さらに
三菱の信用力を使うことによって
ローソンの弁当だけを作ってくれる専用工場を増やすこともできるんじゃないか

こういったことで
商品力の強化を図る考えなんです

店舗のオーナーも期待を寄せます

ローソンフランチャイズオーナー 前田明 氏
「商品も材料も仕入れも三菱商事は持っている」
「三菱商事というシナジー(そうじょうこうかで)いい商品 サービスができれば」
「セブンイレブン ファミリーマートには勝てると思う」

今後のローソンについて
玉塚会長を直撃すると

Q.このタイミングはローソンの歴史から見るとどんな局面

ローソン 玉塚元一 会長
「非常に重要な局面」
「ローソンがもう一度ゼロベースで」
「どういう店にならなければいけないのか」
「どういうところを強化していくのか」
「立ち止まって考えて5年10年先のローソンの」
「将来が決まる大事なタイミング」

三菱商事の力を借りて商品力に磨きをかけようというローソンなんですが
ただ一方で三菱商事とのバランスをうまくとることがカギだという指摘も

Q.商社との関係気を付けなければいけないことは

日本経済新聞 田中陽 編集員
「三菱商事グループはたくさんの取引先がある」
「資本が結びつくとどうしても取引が切られない安心感が出る」
「本来 取引は緊張感を持って取り組むべき」
「セブンイレブンは極力 出資関係を持たない」
「1つ1つ緊張感をもってやる事であの強さが出てくる」
「緊張感を持ちながらやるのが重要」

Q.三菱商事の事情を優先しないでどれだけローソンありきで展開できるか?

「ローソンの客がおいしいもの便利だと思うものを」
「どれだけ具現化するかが勝負」

品揃えが商社関連ありきになり商品の目新しさを失わないか
玉塚会長に聞いてみると

ローソン 玉塚元一 会長
「それは全くない」
「三菱商事の経営陣とも常にディスカッションしているし」
「三菱商事が持っているリソースの中で」
「価値を上げるためフォアザローソンで」
「いいものがあれば徹底的に使う」
「そうじゃないものは三菱商事にこだわらない」
「あくまでもフォアザローソン」

*後追いしないでされる側だから?
セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか
アマゾンで見る
楽天で検索

セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)
Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード